インドも暑さが和らぎ、これからインドに行かれる方も多いと思います。

 

インドに行ったらやはり列車に乗ってみたいですね。特に2等なんかに乗ると、インドの一般人の生活が垣間見れて楽しいものです。

 

今回はちょっと複雑なインドの列車予約のキャンセル料をまとめてみました。

 

重要なのは出発の48時間前までにキャンセルすることです。

 

出発の48時間前まで(通貨はルピー)

 

1st AC/executive class: 240 
2 AC/1st Class              :200 
3AC/ACC/3A economy: 180 
Second sleeper class  : 120 
Second class               : 60 

 

48時間から12時間前まで

 

運賃の25%もしくは上記のどちらか高い方

 

12時間から4時間前まで

 

運賃の50%もしくは上記のどちらか高い方

4時間以内

 

キャンセル不可。これ以降はTDR, Ticket Deposit Receiptを申し込むことによって僅かですがお金が戻ってきます。

 

 

 

JUGEMテーマ:インド旅行

こんにちは、サトウィックの池尾です。

 

毎日暑い日が続きますね。

 

ここ福岡県久留米市も暑いです。

 

今日も37度まで気温が上がり、天気予報を見ると明日はなんと38度。

 

さっき福岡の過去100年の平均気温を確認したところ、気温が上昇しています。

 

最近では10月に蚊を見かけることも珍しくなくなり、おかしいなと思っていましたが、10月の平均気温も今から100年前はだいたい16.5度程度だったのが、ここ10年は20度近くなっています。20度なら蚊がいても全然おかしくないですね。

 

JUGEMテーマ:地球温暖化

 

カイラスジーバン万能クリーム(カイラシュ・クリーム)は、アーユルヴェーダの万能クリームです。

 

カイラシュクリーム,カイラス クリーム,カイラス ジーバン,カイラス ジーヴァン, kailas cream, kailas jeevan, アーユルヴェーダクリーム, アーユルベーダクリーム

その名の通り以下の症状に効果があるとされています。

 

  • やけど
  • かゆみ
  • にきび
  • おでき
  • 肌の腫れ
  • 頭痛
  • 皮膚炎
  • 歯の痛み
  • 歯肉炎
  • あせも
  • 目の疲れ
  • 筋肉痛
  • 不眠
  • 虫刺され
  • 便秘
  • 下痢
  • せき

 

便秘や下痢にも?と思われる方も多いと思いますが、実はこのカイラシュ・クリームは服用することもできるのです。味に関しては苦味があり、好みが分かれるかと思います。

 

つけ心地は、クリームの伸びもよく、軽くカンファーの香りがします。つけていて気にならない程度です。

 

カイラシュ・クリーム成分は自然なものだけです。

  • サンダルウッドオイル
  • ココナッツオイル
  • ニーム
  • サラソウジュ(沙羅双樹)
  • カンファー(樟脳)
  • ゴクシュラ(ハマビシ)
  • ドゥルワ(ギョウギシバ)
  • ヴェルベットリーフ
  • タルク
  • 水酸化カルシウム

アーユルヴェーダの専門店サトウィックでは、カイラスジーバン万能クリーム(カイラシュ・クリーム)をインドからリーズナブルにお届けしています。ご注文後3営業日以内に発送いたします。

 

カイラスジーバン万能クリーム(カイラシュ・クリーム)60g

 

 

 

JUGEMテーマ:アーユルヴェーダ




 

スーパーで見つけたインド版トレイルミックス。 インドでも健康に対する意識が年々高まっていて、体にいい食べ物が簡単に手に入るようになりました。

JUGEMテーマ:インド旅行

こんにちは、サトウィックの池尾です。

 

インドに初めて行った1990年代。その頃のお金も持ち方としては、1ドルや5ドルなどの小額紙幣の現金とあとはトラベラーズチェック(T/C)で持って行くのが普通でした。

 

現地ではState Bank of IndiaやAmexなどでインドルピーと交換。のんびりしてたのか、仕事の要領が悪いのか100ドルのお金を変えるのに、2時間くらいかかったことが何度もありましたね(笑)

 

あれから20年。インドの街にはATMが溢れ、アメックスはT/Cの発行を止めてしまいました。

 

今ではクレジットカードやキャッシュカードでATMからルピーを下すのが普通です。

 

数年前まではAxis BankやHDFC BankなどATM手数料が無料の銀行もありましたが、今では私の知る限り全てのプライベートバンクが200ルピー以上の手数料を取ります。

 

そんななか今でも手数料無料で引き出せるのが、国営のState Bank of India、通称SBI。

 

SBIはインドで最も顧客が多く、どんな小さな町にもATMがあるのもありがたいですね。

 

 

JUGEMテーマ:インド旅行